世界銀行による光ファイバーケーブル敷設プロジェクト

 
FSMとパラオの海底光ファイバーケーブル敷設共同プロジェクトが,世界銀行の支援により実施される。本プロジェクトはパラオ-ヤップ州-グアム間のケーブル敷設,チューク州-ポンペイ州間のケーブル敷設,及びコスラエ州通信衛星施設整備が対象となる。概要は以下のとおり。
 
1.2014年12月に世界銀行が承認
 
  • 世銀供与総額 47.5百万ドル
(1)信インフラ整備
  ・パラオ-ヤップ州-グアム間のケーブル敷設22.5百万ドル
  (この他にADBがパラオに供与する25百万ドルと合わせると47.5百万ドル)
  ・チューク州,ポンペイ州間のケーブル敷設18.5百万ドル
  ・コスラエ州通信衛星施設整備   3.5百万ドル
(2)技術支援,管理支援   3百万ドル
 
3.1月に4名からなる世銀コンサルタントチームがFSMで準備開始,近く本件を担当する運輸通信インフラ省に公募されたプロジェクトコーディネーターが着任する予定
 
4.本プロジェクトの施工業者の選定に当たっては,国際入札が実施される(時期未定)。