シミナ連邦議会議長一行の長崎原爆犠牲者慰霊平和記念式典出席への壮行会

      2015年8月5日、日本大使公邸において、8月9日の長崎での原爆犠牲者慰霊平和記念式典出席に参加するシミナ連邦議会議長一行への壮行会が開催されました。
      シミナ議長は、安倍総理大臣の指名を受けて先般の当地での合同就任式典に参加した古屋特派大使との意見交換を通じて、両国議員間の交流を更に深めたいという希望を持って日本訪問の機会を伺っていた中、8月9日長崎での原爆犠牲者慰霊平和記念式典への参加が決定しました。同式典へはシミナ議長と共に、マーティン連邦議会副議長、パーマン連邦議員、ラム連邦議会事務局法律顧問が出席します。
      壮行会では、坂井大使より今回の慰霊訪問が実現したことを大変喜ばしく思うと共に、日本とミクロネシアの交流を更に深め、訪問予定の長崎や在ミクロネシア連邦名誉領事との意見交換で訪れる福岡での滞在を楽しんで欲しい旨述べられました。
      シミナ議長からは、今回はショートノーティスな依頼にもかかわらず、日本外務省関係者のおかげで長崎原爆犠牲者慰霊平和記念式典式典への出席が叶ったことに感嘆すると共に、多大なる感謝を申し上げたい、また、自分は日本の原爆慰霊式典に参列したいとの希望を以前より持っていたので、今次の訪問で同希望が叶うことを大変喜ばしく受け止めている旨述べられました。
      壮行会には坂井大使夫妻、シミナ連邦議会議長、パーマン連邦議員夫妻、ラム連邦議会事務局法律顧問と大使館館員が参加しました。
 

スピーチをする坂井大使(左)とシミナ連邦議会議長一行

右から坂井大使、坂井大使夫人、シミナ議員、ラム法律顧問、東本参事官、パーマン議員夫妻 

長崎原爆犠牲者慰霊平和記念式典式典参加を前にスピーチをするシミナ連邦議会議長(左)