草の根・人間の安全保障無償資金協力 ポンペイカソリックスクール校舎整備計画 贈与契約署名式


8月30日に行われた「ポンペイカソリックスクール校舎整備計画」の贈与契約署名式に、鈴木大使及びポンペイカソリックスクールのステイラー・エリドック校長が出席し、校舎整備のため115,161米ドルが供与されました。

本案件により、ポンペイカソリックスクールに新たに3教室が増築され、93セットの机と椅子が設置されます。新しい教室は中等部の学生によって使用されることとなっており、その後初等部のクラスが各学年1クラスずつ増やされ既存の教室が使用されることとなります。

鈴木大使は、新しい教室がポンペイカソリックスクールの学生達の学びと成長の場となることを願っていると述べました。また、エリドック校長からは日本政府の援助に対して感謝の表明がありました。さらに、外国からの高官がポンペイカソリックスクールに来たことはほとんどなく、日本からの大使が来訪したことはポンペイカソリックスクールの歴史に残ると述べました。

式典はポンペイカソリックスクール職員と学生の歌とシスター・ソフィーのお祈りによって締めくくられました。 

本欄に画像を表示