新JICAボランティアの着任表敬

     3月29日(木)に北村義雄(きたむら よしお)新JICAシニア・ボランティアが着任の挨拶のため堀江大使を表敬訪問しました。北村シニア・ボランティア(SV)は日本での社会人経験を活かし,ヤップ州にある州立病院で電気・電子設備を担当します。「日本のお手玉の会」の副会長である北村SVは担当業務の他にも現地の学校を訪問し,お手玉を使って文化交流を行いたいと抱負を述べました。

     堀江大使からは,まずは当国での生活に慣れ,健康第一で活動を行ってほしい,現地の人々とコミュニケーションをとって楽しみながら活動をしてほしいと激励の言葉が贈られました。

堀江大使にお手玉を披露する北村SV

 (左から)織田書記官,松岡JICA企画調整員堀江大使,北村SV,柴田JICA支所長