在外公館長表彰の授与(ミクロネシアJICA同窓会)

     11月17日,大使公邸においてミクロネシアJICA同窓会に対する在外公館長表彰が授与されました。ミクロネシアJICA同窓会は2006年の設立以来,地域での社会福祉活動や経済,文化分野における日本とミクロネシア間の友好関係の強化に貢献してきました。今回,堀江大使より右功績をたたえる表彰状と記念の木製の盾がミクロネシアJICA同窓会に対し授与されました。

     授与式ではサムソン・プレトリック外務大臣代行が主賓として祝辞を述べた他,シンプソン・アブラハム会長が同窓会を代表して謝辞を述べました。

     在外公館長表彰は諸外国において日本とその国との相互理解や友好親善に貢献した個人や団体に対して公館長から授与されるもので,今回のミクロネシアJICA同窓会への授与は,1988年12月の日本とミクロネシアの外交関係樹立以来はじめてのものとなります。

     授与式にはその他ミクロネシアJICA同窓会メンバー,ミクロネシアJICA関係者,大使館関係者が出席し受賞を祝福しました。
 

本使とシンプソン会長(中央)

プレトリック外務大臣代行

授与式出席者の集合写真